鼻疾患 後鼻神経切断術 アレルギー性鼻炎

後鼻神経切断術を受けた話~術後の副作用・後遺症について~

投稿日:2018年6月22日 更新日:

こんにちは、結生です。

先日の投稿で後鼻神経切断術の体験記が完結したのですが、Twitterのメッセージで「手術の副作用や後遺症がないか教えてほしい」という質問があったので、その点を記事にしたいと思います。

但し、ここに記事にするのは私個人の体験であり、全ての被験者に共通する訳ではないことをご承知おきください。最終的な施術の判断は医師との相談の下で行っていただき、術後の経過観察も担当する医師の指導の下で適切に行っていただきたいと思います。

 

【手術の体験記はこちら】

  1. 後鼻神経切断術を受けた話①~初診~
  2. 後鼻神経切断術を受けた話②~手術までの流れ~
  3. 後鼻神経切断術を受けた話③~手術当日~
  4. 後鼻神経切断術を受けた話④~手術結果とまとめ~

術後、4年経って

2014年の秋に手術を受け、この記事を書いている時点で2018年の初夏なので、約4年が経とうとしています。手術の効果が2018年時点で持続しており、症状の再発がないことは前回の記事でお話しした通りです。

そこで、この手術で心配される副作用・後遺症について、いくつかピックアップしてお話ししたいと思います。

痛みの再発は?

手術直後と術後処置で詰め物を抜く時、抜いた直後は痛みがありますが、それ以降の痛みは皆無です施術した箇所については、痛みはおろか違和感などの感覚も全くありません。

嗅覚は?

前回の記事でもお話しした通り、嗅覚は鼻炎が収まって通気が良くなったことで改善しています。それから4年経った今でもそれは同様で、嗅覚の減退といったことは一切感じられません。

涙腺への影響は?

後鼻神経切断術が考案された当初(50年くらい前らしいです)は涙を分泌する神経にも影響を及ぼしてしまったため、深刻なドライアイも併発してしまったらしいです。

現在の後鼻神経切断術では涙の分泌神経に影響を及ぼさない術式が一般的に行われているため、私の場合もドライアイを感じたことはありません。映画で感動すればちゃんと泣けますよ。

ドライノーズは?

鼻汁を分泌する神経を切断することで鼻腔の保湿をするために必要な水分まで分泌されず、ドライノーズとなることで鼻腔・喉頭の慢性的な乾燥を惹き起こし、免疫力の低下を懸念する声がありました(Twitterの質問者様はこれでした)。

アレルギー性鼻炎・後鼻漏の治療を目的とした一部の治療で、慢性的なドライノーズを引き起こす治療があるというのはネットの情報で私も知っています。具体的に何という治療であるかはこの場では明言できませんが、その治療は施術後に鼻の保湿器を買わされるらしいので、私は後鼻漏を患っていた時も治療には抵抗感があり関わらずにおりました。鼻腔や喉頭の保湿が人の免疫力にとって重要であることは医師など専門家でなくても理解できることです。その治療が後鼻漏の治療で検索すると常に上位に来ることに少し違和感を感じます。なぜならばその治療は治療効果と副作用・後遺症について客観的な臨床結果が得られておらず、医学会では正式に認知されていない治療であるらしいからです。そのため、その治療は都内の某クリニック1箇所でしか施されておらず、他の医療機関では一切行われていません。

少し脱線しましたが、後鼻神経切断術の特徴は「アレルギー反応に対する鼻汁の分泌と鼻閉を中心に抑制してくれる」点にあります。従って、アレルギー反応以外の通常の鼻汁の分泌や、物理的に埃が鼻に入った時などの反応にはほとんど影響を及ぼしません。私の場合、この手術を受けたことによりドライノーズなどの不具合を感じたことは全くありません。

まとめ

デメリットはあるか?

私はこの手術による副作用や後遺症を感じたことはありません。

アレルギー性鼻炎による症状が重度でない場合には手術そのものの身体的・経済的・時間的な負担そのものがデメリットとなり得ますが、この手術が専門医により適応と判断されるほど重度であった場合は、享受できるメリットの方がはるかに多いと感じます。

但し、手術が成功か失敗か、という根本的な問題や、医師の技量により施術の精度に差異が出る可能性などの問題は、この治療に限ったことではなく手術という医療行為そのもののリスクとして存在します。

その上で繰り返しになりますが、この記事は私個人の体験であり全ての被験者に共通する訳ではないこと、最終的な施術の判断は医師との相談の下で行っていただき、術後の経過観察も担当する医師の指導の下で適切に行っていただきたいことを改めて明記したいと思います。

ありがとうございました。

 

-鼻疾患, 後鼻神経切断術, アレルギー性鼻炎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後鼻神経切断術を受けた話④~手術結果とまとめ~

こんにちは、結生です。 前回は鼻のクリニック東京で後鼻神経切断手術を実際に受け、退院するまでのお話しをしました。 今回は手術後の処置とその後の経過についてお話しします。   【これまでの流れ …

後鼻神経切断術を受けた話③~手術当日~

こんにちは、結生です。 前回までの投稿で、鼻のクリニック東京で後鼻神経切断術を受けるまでの流れをお話ししました。   【これまでの流れ】 後鼻神経切断術を受けた話①~初診~ 後鼻神経切断術を …

後鼻神経切断術の術後に大出血した話

こんにちは、結生です。 前回までの投稿で後鼻神経切断術の体験記を綴りましたが、実は私、術後処置で大出血して、緊急処置を受けたことがあります。 今回はその時のことを記事にしたいと思います。 なお、本記事 …

後鼻漏とレーザー治療②施術

こんにちは、結生です。 前回「決意」の続きで、笠井耳鼻咽喉科でレーザー治療を受けた時のお話しです。 まさか初診時に施術してくれるとは思っていなかったので心の準備が整っておらず少々ビビっていた私ですが、 …

【注意喚起】市販点鼻薬の乱用・依存について

こんにちは、結生です。 今回は少し違った切り口の投稿をします。   目次 市販点鼻薬を使いすぎて依存してしまった話キッカケは花粉症出会い乱用・依存薬剤性鼻炎の治療依存している方はぜひ耳鼻科へ …

結生(ユウキ)です。

幼少期からの鼻疾患をこじらせ、慢性鼻炎・慢性上咽頭炎と共に生きた30年と、それを克服した治療の記録を綴ります。

後鼻神経切断手術、レーザー治療、Bスポット療法の体験記を段階的に記事にしています。

当ブログは体験記なので、病気に関する詳しい情報はGoogle検索して医師などの正確な情報を参照してくださいね。

同じ悩みを抱える皆様にとってこの記録が少しでも手助けになれば幸いです。