後鼻神経切断術 アレルギー性鼻炎

後鼻神経切断術の術後に大出血した話

投稿日:

こんにちは、結生です。

前回までの投稿で後鼻神経切断術の体験記を綴りましたが、実は私、術後処置で大出血して、緊急処置を受けたことがあります。

今回はその時のことを記事にしたいと思います。

なお、本記事は出血に関する表現を含みますが、正規の医療機関で受診した治療の実体験をそのまま綴るものであって、悪戯に恐怖心や不快感を煽る表現とは根本的に異なるため、利用しているサービスのガイドラインに何ら抵触するものではないと考えております。

しかしながら、それらの表現が苦手な方は閲覧をお控えいただくよう、お願いいたします。

 

出血の経緯

手術から一週間後の2014年11月12日、待ちに待った詰め物を抜く処置をしました。その時の様子はこちらをご覧ください。

後鼻神経切断術を受けた話④~手術結果とまとめ~

徐々に増えていく出血

ようやく鼻が通った解放感に満足しながら、クリニックを出て10mくらい歩いた時です。右の鼻から鼻水がツーっと流れてくる感覚がしたため、慌ててティッシュを鼻に当てました。その時、流れてきたものが鼻水ではなく血液であると気が付いたのです。

その時は大事になると思っていなかったので、すぐに止まるだろうと考えて、出てきた血を拭きながら、悠長にティッシュを丸めて鼻に詰めようとしたりしていました。

しかし血が全然止まりません。むしろ増えてきています。

最初の出血から2分後くらいには、蛇口を開いたかのようにドボドボと流れてきたため、洒落ではなく生命の危険を感じてクリニックに戻りました。

緊急処置

エレベーターを上がって受付のフロアに入って看護師の方に声をかけると、すぐに座るように促されました。この頃にはハンカチで押さえていても溢れて滴り落ちるほどでした。綺麗なフロアの床をかなり汚してしまったと思います。ごめんなさい。

すぐに数人の看護師さんと医師が来てくれて、上階の手術室(詰め物を抜く時の処置をしたところ)に誘導してくれました。

クリニックに戻ってから緊急処置をするまでの時間がすごく早くて、ありがたかったです。処置も素早く、すぐに右の鼻に詰め物を入れて、出血は止まりました。

突然の貧血

処置が終わったころに体調に変化があり、急激に貧血になり冷や汗が大量に出てきました。出血自体によるものもあるのでしょうが、おそらく精神的に参ったことの方が大きかったと思います。元来、私は血を見るのが苦手ですし、こんなに大量の出血をしたのは初めてでしたから。それに、緊急処置を受けて安心し、緊張感が解けたこともあると思います。

この一連の処置の間、隣で優しく声をかけながら汗を拭いてくれていた看護師さんが、処置をする医師以上に神様に見えましたよ。

貧血が回復するまで、15分くらい隣のベッドで休ませてもらいました。

緊急処置をしてくれた医師は最初に詰め物を抜いてくれた方だったのですが、処置の後、ずいぶん丁寧に謝っていました。手術に伴う出血のリスクは再三説明されていますし、こちらは全然悪く思ってなかったんですけどね。

処置終了、帰宅

更に一週間後に右側の詰め物を抜くことになり、その予約をして帰宅。確か、この緊急処置には最低限の事務的な手数料以外、取られなかったと思います。

残念ながら両鼻が解放されるのはさらに一週間おあずけになりましたが、片方が通っただけでも生活はかなり楽になりました。

 

どんな手術もリスクと隣り合わせ

どんな治療でもその治療に関わるリスクは必ず事前に説明されると思います。

私自身がそうだったのですが、そういう説明を聞いている時、心のどこかで「自分は大丈夫だろう」と思ってしまいませんか?

今回の経験はそんな心の隙を改める良い機会になりました。

しかし今でも思うのが、クリニックを出てすぐに出血したことが不幸中の幸いだったということです。遠く離れた電車の中とか、家に帰ってからだったと思うとゾッとします。

今回のようなケースは少数派だと思うのですが、後鼻神経切断術に興味のある方は、こんなこともあるんだな、と参考にしていただければと思います。

 

ありがとうございました。

 

-後鼻神経切断術, アレルギー性鼻炎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後鼻漏とレーザー治療③まとめ・結果報告

こんにちは、結生です。 前回までの投稿でレーザー治療を受けるまでの経緯と実際の治療の様子を記事にさせていただきました。 レーザー治療を受けるまではこちらです。 施術の様子はこちらです。 今回はまとめと …

後鼻神経切断術を受けた話②~手術までの流れ~

こんにちは、結生です。 前回の続きで、後鼻神経切断術を受けるまでのお話しです。   目次 手術適応の判断鼻洗浄と点鼻薬の結果手術の決定から施術までの流れ手術前検査 2014年9月26日オリエ …

後鼻神経切断術を受けた話③~手術当日~

こんにちは、結生です。 前回までの投稿で、鼻のクリニック東京で後鼻神経切断術を受けるまでの流れをお話ししました。   【これまでの流れ】 後鼻神経切断術を受けた話①~初診~ 後鼻神経切断術を …

後鼻漏とレーザー治療②施術

こんにちは、結生です。 前回「決意」の続きで、笠井耳鼻咽喉科でレーザー治療を受けた時のお話しです。 まさか初診時に施術してくれるとは思っていなかったので心の準備が整っておらず少々ビビっていた私ですが、 …

後鼻漏とレーザー治療①決意

こんにちは、結生です。 前回までの投稿では耳鼻科で通常の治療を受けたお話をしました。 その結果分かったのは、私の場合は通常の投薬では鼻炎の症状は良くなっても後鼻漏の症状に変化は見られない、ということで …

結生(ユウキ)です。

幼少期からの鼻疾患をこじらせ、慢性鼻炎・慢性上咽頭炎と共に生きた30年と、それを克服した治療の記録を綴ります。

後鼻神経切断手術、レーザー治療、Bスポット療法の体験記を段階的に記事にしています。

当ブログは体験記なので、病気に関する詳しい情報はGoogle検索して医師などの正確な情報を参照してくださいね。

同じ悩みを抱える皆様にとってこの記録が少しでも手助けになれば幸いです。